ガラス塗料

テリオスコートNP−360G

ガラスの持つ特性のみをコーティング材として活用する試み、
これがヒートレスグラスすなわち常温ガラスコーティング材の技術です。

テリオスコートNP−360Gの特徴

完全無機質であるテリオスコートNP−360Gシリーズは、1液もしくは2液タイプのシリカ溶液で、常温施工により各種基材に、硬質の非晶質のガラス膜を形成する、コーティング材です。
テリオスコートNP−360Gの形成する被膜は、紫外線に強く耐久性を発揮すると共に、不燃性、耐透水性、耐薬品性、耐汚染性等に、これまでにない優れた効果が実証されています。

ステンレスコーティング(テリオスコートNP−360G)施工中

コンクリートをコーティング(テリオスコートNP−360G)施工完了

ステンレスコーティング(テリオスコートNP−360G)施工完了

ステンレスコーティング(テリオスコートNP−360G)施工完了
テリオスコートNP−360Gの主な用途
コーディング対象物 コーディング効果
耐候性、防錆性、耐酸性、耐磨耗性、絶縁性、耐汚染性
アルミニウム 耐候性、耐酸性、絶縁性、耐汚染性、傷防止
ステンレス 耐候性、高温耐酸性、耐汚染性、傷防止
塗装面 耐候性、耐汚染性、防かび性、環境ホルモンの流出防止
コンクリート、モルタルなど 耐候性、防かび性、耐酸性
木材 防水・防湿性、防虫性
防水・防湿性、防虫性
繊維 防水・防湿性、防虫性
樹脂 耐汚染性、環境ホルモンの流出防止、ハードコート
耐火物 耐熱性、溶融金属離型性

テリオスコート

テリオスコートNP-360シリーズは、無機100%の一液性塗料で、コンクリート、モルタル、スレート、金属、木材など各種基材に常温でホーロー皮膜を形成します。従来、高温処理でなければできなかったホーロー処理を常温で行うこと、これがテリオスコート新技術です。

テリオスコートの特徴

テリオスコートNP-360の形成する皮膜は、紫外線に強く、超耐久性を発揮すると共に、無溶剤型で人や環境に優しく、不燃性、耐水性、耐薬品性、耐汚染性にこれまでにない優れた効果が実証されています。また、使用条件にあわせて、用途別にタイプが分かれています。

・テリオスコート(汎用性)

汎用型のコーティング剤で、建築等の一般塗装用として使用できます。コンクリート、モルタル、金属、樹脂などの各種素材に常温乾燥でホーロー皮膜を形成することができます。コーティング膜は無機特有の耐候性・耐熱性・耐汚染性に優れています。(対象によってはプライマーを必要とします。)

・テリオスコート(汎用性)の特徴

1.無機質ですので紫外線や酸性雨等の外的要因に不感で、長期にわたり優れた耐久性を発揮します 。
2.接着性、耐水性、耐塩水性に優れています。
3.一液性で、塗布後空気中の湿分と反応し、完全硬化後は4Hの硬度が得られます。
4.有機溶剤を含んでおりません。
5.化学的、生理的に安定しており不活性です。

硬化時間:常温JIS K 5400下地鋼板

  乾燥時間20℃
指蝕乾燥 1時間
標準乾燥 24時間
完全硬化 1週間

テリオスコートクイックドライ(Quick Dry)

テリオスコートNP-360QDは、汎用性NP-360と比較して乾燥性に優れています。コーティング後は約10分程度で指触乾燥し、3時間程度で鉛筆硬度3Hの硬い塗膜を形成します。また、1週間程度で7〜8Hの硬い皮膜が形成されます。早期乾燥タイプのため、施工時間のない店舗や、工場の施工に適しています。

硬化時間:常温JIS K 5400下地鋼板

  乾燥時間20℃
指蝕乾燥 20分
標準乾燥 24時間(硬度3H)
完全硬化 1週間(硬度8H)
ハイブリットガラス塗料

シールコート007R

シールコート007Rは、鋼材表面はもとより、旧塗膜面、無機ジンク塗面、クリスタルストーンNR処理をしたコンクリートなどにプライマーなしで直接塗装でき、強力に密着するため各種構造物の新設時塗装のみならず、メンテナンスなど広範囲に使用可能。 ガラスとアクリルのハイブリッド塗料。

シールコート007Rの特徴

・艶が大きく美装仕上げが可能。
・プライマー、上塗り兼用塗料。
・無機ジンク塗膜への上塗りでも発泡が少ない。
・常温硬化型。
・錆を含む不十分な表面処理面にもよく密着する。
・つや、外観などの保存性(耐候性)は、フッ素塗料、
  ウレタン塗料やシリコン系塗料に比べ非常に優れている。
・耐薬品性、防食性に優れている。
・高温度や海洋暴露環境に対する耐久性が大きい。

また、さび安定化塗料(NK-100E)を使用することでより強力な防食作用を発揮します。

工場
機械基礎及び床:シールコート007R

工場機械基礎及び床:シールコート007